「発泡ウレタンの不燃性能を確保」について日本住宅新聞にご掲載いただきました

日本住宅新聞(2022年10月15日発行)に、弊社が開発した発泡ウレタンに不燃性能を確保する技術について掲載いただきました。
発泡ウレタンの断熱材は高い断熱性能がありながら、耐熱性が低いことや高価なことがデメリットです。さらに、ビルや住宅などの壁内下地で使用されることが多く、壁内は消化が困難なため、数分で燃え広がり煙と有害なガスが発生、膨大な被害や人命が失われる事故が起こっています。
弊社では、木材の不燃化で特許を取得している薬剤や技術を応用し、新たに発泡ウレタン用に開発した薬剤を塗布する(塗る)ことで不燃性能を確保しました。塗布による「発泡ウレタンの不燃処理」技術やノウハウを活用し、新しい安全で安心な生活空間の創造に貢献します

▼発砲ウレタンの燃焼比較実験映像

▼商品情報はこちらから▼
商品情報

NJS日本住宅新聞

 

関連記事

  1. 「セルフネン技術」について日本住宅新聞にご掲載いただきました…

  2. <和のあかりx百段階段>に行って来ました

  3. 川崎市木材利用促進フォーラムの総会懇親会にアサノ不燃が参加し…

  4. 第二回不燃化技術研究組合シンポジュームに参加しました

  5. WOODコレクション(モクコレ)2018にアサノ不燃が参加し…

  6. 「一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)」の建設工事が進んでいます

PAGE TOP
Translate »