新たな木造耐火建築のために開発した耐火被覆材で、国土交通大臣認定の2時間耐火を実現しました。脱炭素に大きな一歩となる、未来の建築資材です。国土交通省が定める「官庁施設における木造耐火建築物の整備指針」整備指針の第3章「木造耐火建築物の整備に関する技術的事項」によると、次のように策定されています。

現在、部材ごとに耐火構造としての認定が取得され、建築物として実現している工法には、「メンブレン型工法」、「燃え止まり型工法」、「鋼材内蔵型工法」の3通りがある。

しかしながら、弊社が行った燃焼比較実験によると、一般木材(燃え止まり型)は炎をあげて燃え続けた一方、セルフネン耐火被覆材(メンブレン型と鋼材内蔵型)は、炎をあげて燃えることなく、煙や有害なガスも出ませんでした。

 

セルフネン耐火被覆材(メンブレン型)燃焼比較実験後の断面

燃焼比較実験後の写真の通り、外側の耐火被覆部分が焦げて炭化するのみで、焼失することなく、外形を保持していることがわかります。

セルフネン耐火被覆材(メンブレン型)

セルフネン耐火被覆材(構造内蔵型) NS守護芯120 

セルフネン耐火被覆材(鋼材内蔵型)は、H型の鉄骨と耐火木材を組み合わせたハイブリッドな耐火被覆材です。

適 用 建 物

鉄骨 + 耐火木材(柱)の構成

耐火試験概要・成果

10階建てほどの建物低層部の柱を想定し、2時間の耐火加熱試験を行いました。試験終了後、耐火木材に残り火はなく、損傷もないことを確認。さらに、鉄骨柱の収縮速度が規定以下であることも実証しています。

耐火木材のCO2発生量について

CO2発生量は、未処理の一般木材は20.91g 一方、耐火木材は6.16gで70.5%の減少でありました。

概要:炭素・水分、他が同重量で試験実施
試験:福井県工業技術センター
測定機器:燃焼試験用 コーンカロリーメーター

公的評価

国土交通大臣認定:FC120CN-0543 2時間耐火の規定に適合するものだと認められています。
共同開発:新日鉄住金エンジニアリング株式会社、ほか

特許取得

日本 PAT.3485914  ニュージーランド PAT.536846 韓国 PAT.10-0568552 ヨーロッパ PAT. 1547739 (オーストリア・フィンランド・フランス・イギリス ・イタリア ・オランダ ・スペイン ・スウェーデン・ドイツ・アメリカ ) 中国 PAT.ZL 03 8 16273.3 カナダ 特許 2487763

PAGE TOP
Translate »