広東・香港・澳門(マカオ)大湾区シンポジューム交流会にアサノ不燃が参加して来ました

広東・香港・澳門大湾区シンポジューム交流会にアサノ不燃が参加して来ました

シンポジューム看板

2019年4月9日(火)9:30~帝国ホテル東京にて約1,200人の参加者(内、700名が日本人)を集めて盛大に開催されました。広東省+香港+マカオを含む広大な面積の開発計画が着実に進んでいる様子で開会の辞は中華人民共和国駐日本国特命全権大使の程永華氏が登壇。基調講演では香港特別行政区行政長官の林鄭月娥氏(キャリー・ラム)、広東省省長の馬興瑞氏、澳門(マカオ)特別行政区政府政務法務長官の陳海帆氏が講演。日本側からは主賓挨拶で経済産業省副大臣の関芳弘氏が挨拶。パネルディスカッションの後に、午後からは分科会に分かれて「イノベーション&テクノロジー」と「スマートヘルス」でプレゼンテーションが行われ、閉会後にはビジネス交流会が開催され大盛況裏に終了した。 (ロミー)

パネルディスカッション登壇者

会場風景

関連記事

  1. ウガンダ共和国ビジネスセミナーにアサノ不燃が参加して来ました…

  2. 第33回ジャパン建材フェアにアサノ不燃が出展しました

  3. 耐火木材が地球温暖化対策に一役(2017年6月6日)

  4. 「木材利用と都市防災フォーラム」開催のご案内

  5. 34thジャパン建材フェアにアサノ不燃が出展します

  6. 防災不燃木材セミナーで難燃処理木質建材のAQ認証とSDG&#…

PAGE TOP
Translate »