川崎市木材利用促進フォーラムの総会懇親会にアサノ不燃が参加して来ました

「延焼せず煙やガスを抑える技術で木材を都市に」

7月10日にアサノ不燃が会員なっている川崎市木材利用促進フォーラムの総会懇親会に参加してきました。
フォーラムは四年目に入ります。
今年からの活動がいよいよ地域の森林と都市をつなぐ重要さが増してきました。
林野庁は森林環境譲与税や森林経営管理法など山が活性化する制度を進めてくれています。
常に課題となる事は都市での防耐火の対応です。
国土交通省も法整備を進めて、都市でも木材が使いやすくなってきました。
アサノ不燃のミッションは「延焼せず煙やガスを抑える技術で木材を都市に」です。
木材に新たな価値が加わります。

関連記事

  1. 第31回先端技術見本市「テクノトランスファーinかわさき20…

  2. 世界最薄水準の天然木シート「不燃認定スライスウッド」をアサノ…

  3. (一社)都市防災不燃化協会 設立4周年記念シンポジューム「火…

  4. 日曜日に映画を観てきました

  5. アサノ不燃もマイナンバー、やっています(2015年9月19日…

  6. 第31回先端技術見本市「テクノトランスファー in かわさき…

PAGE TOP
Translate »